ロックマン系のスマートフォンゲームにハマった思い出

私は一時期、Androidでプレイできる無料のロックマンXoverというゲームにハマっていました。最初は電車の待ち時間の暇つぶしが目的でダウンロードしてプレイしていたのですが、やればやるほどレベルアップするゲームの仕組みすっかり魅了され、ほんの5分でも時間があれば、強くなりたいと思うようになっていきました。
無料のゲームですから当然、課金するシステムがあって課金すれば簡単に強くなり上位ランキングに入れることはわかっていましたが、さすがにそこまでお金を使ってやろうとは思っていなかったので、無料でできる限りはひたすらレベルアップための対戦や面のクリアを行っていました。

ただこのゲームは、何回も同じ面をプレイしなければならず、敵の出現パターンなどがあらかじめ想定できるようになってしまったので飽きてしまったことも何度かあったのですが、大体その頃になるとゲームの製作会社が新しい面とかレベルアップのための武器とかを発表しましたので、飽きて途中で辞めてしまうことはありませんでした。

またこのゲームシステムは時間制限方式で、ある一定時間が経過しないとプレイヤーを動かせないようなシステムを採用していました。課金すればこの制限時間を解除できることはわかっていたのですが、お金が勿体無いので我慢してプレイを続行できるまで耐えていました。この時は、学校の授業中や勉強中、通学中などひたすら一日中やっていました。

最終的にはある程度強くなったものの、ランキングの常連のあまりの強さに嫌気がさして、アプリを丸ごと消して、ゲームを辞めることができました。もしも自分がもっとゲーム内で強くなってかなりの地位を確立していたら今もまだ継続してやっていたかもしれません。

このスマホゲームのプレイで学んだことは、経験値さえ積めば定期的に強くなることが約束されたシステムで人のモチベーションが上がるということです。ダイエットをするにしても、少しずつ体重が減っていくことが目に見えてわかればやる気が上がってくるのと同じ原理なのです。やる気を出したいなら、目に見える結果を少しずつ出していくのがコツなのではないでしょうか。

ポケモンみたいなスマホゲー出ないかなって最近思う

ニンテンドーが意地っ張りだからというわけでもないけど、ポケモンみたいなスタンダードなロールプレイングゲームがスマートフォンのゲームアプリにリリースされないかなって思っています。もちろん、独自性を組み上げて爆発的な大ヒットを樹立したモンスターストライクとか、パズルアンドドラゴンズとかも、ある意味似たようなゲームではあるんですが、ベースはやっぱりポケットモンスターシリーズを踏襲している感じがありますよね。

なので、シンプルかつ楽しいし、スマホ操作でも十分にゲーム可能なポケモンシリーズをリリースしてほしいなってふと晩飯前に思ったんですよ。ポケモンシリーズって小さい子供向けなイメージがありますが、確かにそのイメージが払拭されることはないでしょう。でも成人した大人がプレーしても十分に楽しめる要素満載なんですよね。

モンスターの進化なんかは、まさにポケモンこそがパイオニア的タイトルなんですよね。それに続いてモンスターメーカーやら、CDを読みこませるモンスターファーム、バーコードを読み込ませてモンスターを生み出すバーコードバトラーなんかが悪くいえばアイデアをパクって世にリリースしてきたんです。直接的にパクっていなくても、アイデアとしてポケモンをベースにしている風な装いのゲームアプリって多いですよね。

それはユーザーが楽しいと思うシステムや作りなので納得なんですが、少し色気を出しすぎて濃くなりすぎたり、見よう見まね龍槌閃みたいな明神弥彦的な感じで作ってしまい淡白だったりして、なんというか絶妙なゲームバランスを持っているものってやっぱり本家本元に限られるんですよね。ここまで書いてきて余計に自分の頭のなかが整理できたというか、気持ちが固まってきたようにも思えます。ニンテンドーさん、ニンテンドー3DSもいいですが、莫大なシェアを誇るスマートフォン市場に参入してみてください。かなり楽しいことになると思いますよ。

モン娘は~れむはとてもセンスがいいです

モン娘は~れむはセンスの良さにおいて、スマホゲームの中でも際立っていると言ってもいいでしょう。私はスマホを毎日プレイしており、スマホのことなら何でも知っていると自負しておりますが、そういう私のいうことですから、それなりに信じていただけるのではないでしょうか。こういうセンスのいいスマホゲームをプレイすることは情操にとってもいいのではないでしょうか。もし、趣味の悪いものばかりプレイしておりますと、趣味の悪い人間になりかねません。
もちろん、悪趣味には悪趣味の効用といったものが無いわけではありません。たとえば、とてもまずい店にあえて行って、そのまずさについて考えるということは大事なことであると、中原昌也は言っています。こういう考え方に、差異理論の最も実存的なファクターがあるということは認めてもいいでしょう。やはり、中原さんは偉大であると言わなければなりません。しかしながら、やはり悪趣味なものばかり見ておりますと、よくはないと思われます。
中原さんも趣味の良いものをたくさん見ているからこそ、趣味の悪いものに対しても一定の構えを取れるという面もあるのかもしれません。ですから、モン娘は~れむのような趣味のいい作品をプレイするということの意味は贅言する必要もないでしょう。
モン娘は~れむは、やはりハーレムものという、どちらかといえば女性蔑視のようなジャンルに対して、きっちりと批判意識を持っているという点においても優れていると思われます。ハーレムというのは、「萌えアニメ」とかでよくやられていますが、あんなものの何がいいのかと思われる人も多いでしょう。そういう人にこそ、このスマホゲームは是非プレイしていただきたいと思います。きっちりとしてセンスの持ち主が作れば、ハーレムものでさえ、きっちりとした作品に仕上がるということが分かっていただけるのではないでしょうか。私は、毎日、このゲームをプレイしています。

スマートフォンのゲームから始まる恋

ゲーム雑誌のレビューでもスマートフォンのゲームが取り上げられることって多いのです。
家庭用のゲーム機の場合、ゲーム機やらタイトルを揃えるまでの環境で、どうしても初期投資が必要になってきます。
それさえ揃えることができれば長く遊べますが、オンラインでなければアップデートもありませんので、飽きやすいのかもしれません。
長くゲームを遊ぶためにはオンライン環境、そしてアップデートをできるかが大事になってきます。
無料でそれらを実現できるのはスマートフォンのゲームのメリットといえるでしょう。
スマートフォンのゲームの場合、基本的には自動的にアップデートすることもできますから、その度にユーザーを獲得しやすいのです。
私はスマートフォンのゲームで熱中しているものは4つほどありますが、気分で色々と入れ替えて遊んでいます。
今日はパズルの気分、明日はロールプレイングの気分、明後日はボードゲームの気分とプレイする気分によって変えているんですよね。
こうやって工夫すれば飽きることはないし、熱中しすぎて時間を忘れることもなく、適度に遊ぶことができるので便利です。
もちろん工夫の仕方、そして楽しみ方は人によって違ってくるものですから、オリジナルの楽しみ方を発見することが重要でしょう。
この頃ではボードゲームのプレイに偏りがちなのですが、ついつい課金もしてしまっています。
課金すればそれだけ長い間遊ぶことができるので、休日の暇潰しにはもってこいなんですよね。
対して趣味もなく面白みにかける、といわれたことのある私ですが、スマートフォンのゲームについては詳しいので、会社の女の子にもモテモテになりました。
ゲーム博士的な意味で頼られているのかもしれませんが、会話から発展する恋もあると信じているので今はこのままでも幸せです。
事実、色んな人間とつながることで友人も増えていきましたし、会話する機会もそれに応じて増えていっているので、以前に比べたら充実しています。

人気を呼んでいるスマートフォンのゲームについて

スマートフォンのゲームが登場した時から、育成やパズルの系統のジャンルを中心に人気でした。従来は1人のプレイヤーがキャラクターを強くするために敵を倒しながら進行させたり、パズルの場合は自分で謎解きなどを行いながらプレイをしていた事が特徴です。パズルなどのジャンルは、ソフトによっては2人以上でプレイすることも可能でしたが、原則的にネット上の不特定多数の人と遊ばないで楽しんでいました。
スマートフォンのゲームが登場して、友人同士が通信しながら遊べる要素が増えて、より多くのプレイヤーと遊ぶ楽しさが広がりました。オフラインのゲームは、孤独の中で楽しんだり、友達などを誘って自宅でプレイする事が当たり前で、自分や知り合いなどの知っている人と遊ぶ事が当たり前でした。顔見知りの人と騒ぎながらプレイする事で、口で話しながらプレイの様子を話したり、ゲーム自体が初めての人に対して熟練者が直々に教えてくれた事が特長でした。
最近は謎解き要素を含んだシミュレーションやパズルなどのジャンルが人気を呼んでいて、パズルやRPGのジャンルに関しては多くの人とネットを通じて遊ぶ事が当たり前です。インターネットを介して遊べるオンラインの機能が付いているソフトは、基本的には参加する条件にこだわらないで、ネット環境さえあれば誰でも気軽に遊べる事がメリットです。
RPGに関するスマートフォンのゲームの場合、参加するプレイヤーが育てたキャラクターを使っている事が特徴です。戦闘などの場面の場合、基本的にはコマンドに関しては遊んでいる人が操作します。コマンドを入力して、お互いに協力し合いながら敵を倒していくシステムに関して、多くの人に人気です。
パズルの場合、オンラインとして不特定の人と対戦する事が基本です。原則的に対戦している相手の腕前などは分からないので、プレイする人によっては対戦相手と戦う際に爽快感を味わう事がメリットです。相手の顔や性格が分からないという事を考えて、遊びを楽しむ事が重要です。

スマートフォンのゲームで喜怒哀楽を感じられるようになりました

最近、わけあって仕事を辞めてしまいました。
事情としてはよくあるケースですが、あえてここでは触れません。
幸い貯金はあるので半年ぐらいは遊んで暮らすことも可能なので、今までの疲れを癒やしたいと思います。
とくに、最初辞めた時は何もする気持ちもなかったのですが、ふとあるスマートフォンのゲームを遊び始めてからは毎日がよりよい日になりました。
喜怒哀楽の感情をスマートフォンのゲームで感じられるようになってから、私は人間らしくなってきたのです。
それまでは働くロボットのように常にイエスマンでいることを求められましたが、スマートフォンのゲームの世界でなら自由に振る舞うことができます。
自分を一切抑える必要がないので、どんなことをしても誰にも咎められることはないのです。
本来持っていた自分を解き放って、このゲームの世界で活躍することができている現状にはとても満足しています。
スマートフォンのゲームをしてからはエネルギーがわいてきて、新しい仕事を探そうという気持ちにもなりました。
素晴らしいゲームを開発してくださっている開発会社の役に立てればと考えてはいるのですが、ゲーム開発はしたことがありません。
せめてスマートフォンのゲームについての情報をブログで発信していくことが精一杯です。
インターネット上でこうしてゲームを広めることで新しいユーザーが1人でも増えてくれれば、それだけこのゲームが長く存続することにもつながるでしょう。
おかげでブログを通してたくさんのユーザーとコメントのやり取りができるようになり、充実感も感じています。
わからないことがあればできるだけ力になりたいですし、攻略のためには一緒に立ちむかっていきたいとも考えています。
ただ、ブログはあくまでも借り物なので、スマートフォンのゲームの世界で活躍をできるかどうかが重要ですね。
現実世界も充実させるべく転職活動をしていて、やっと内定も決まりました。
それでも私は毎日スマートフォンのゲームを楽しみながら、日々過ごしていくことでしょう。

人と繋がるスマートフォンのゲームについて

ネットに繋ぐことができるスマートフォンでは、数多くの人と繋がる楽しさを教えてくれるゲームがあります。私の個人的な意見ですが、ゲームというものは一人で遊ぶよりも、色々な人たちと協力プレイをしたり情報交換したりお喋りしながら遊ぶほうが楽しいと思っています。そんな人と触れ合いながら遊ぶ楽しさを追求する人たちに、スマートフォンのゲームは向いていると思います。この記事では、いくつかのスマートフォンのゲームを例にあげて、人と触れ合えるシステムを紹介していきます。スマホゲーは、それぞれ色々な特徴があって、人との協力プレイと一口に言っても様々な種類があります。例えば、パソコンのネットゲームにありがちなパーティープレイを楽しむ系統もあります。白猫プロジェクトというスマートフォンのゲームを例にあげてみましょう。このゲームは、協力プレイを選ぶことで、世界中のプレイヤーとリアルタイムで遊ぶことができます。同じ空間で、同じ時間を過ごすことができて、今現在私たちが遊んでいる時に、他のプレイヤーも一緒に遊ぶことができます。これが従来のネットゲームを代表とするパーティープレイ、協力プレイと言えます。他にも色々な協力プレイのスタイルがあります。今度はFate/Grand Orderというスマホゲーを見てみましょう。こちらのスマホゲーの協力プレイは、先にあげた白猫プロジェクトとはタイプが異なります。こちらはリアルタイムの戦闘ではなくて、コマンド型の戦闘を扱ったスマホゲーで、戦闘に行く前にフレンドを選ぶことができます。選んだフレンドのパーティーの先頭のキャラクターだけ、自分のパーティーにゲスト参加させることができます。この際に、フレンドはリアルタイムでログインしている必要はありません。自分の場合も同様で、相手も自分もその場でゲームをしていなくとも、協力プレイができます。以上のようにスマホゲーの協力プレイは様々な種類があります。もし人と一緒にスマホゲーを遊びたい人は、ぜひとも自分に合ったタイプのゲームを探してみてください。

スマートフォンのスケジュールソフトについて

企業活動において仲間のスケジュールの確認をする事は重要です。例えば営業スタッフが顧客に提案をした時、知識を持っている人材の協力を得る必要があります。その時に外部業者を用いないのであれば、専門的な知識を持っている同僚に協力を求めるのが必然です。しかし協力を頼みたいと考える人材は、常に手が空いているとは限りません。なぜなら他の営業スタッフも優秀な能力を利用したいと考えるためです。同僚の力を借りる場合には基本的に早い者勝ちというルールが一般的だと言われています。先に依頼して同意を貰えたら優先的に力を借りられるのです。よって外出先から優秀な同僚に力を借りたいと考えるのは当然だと言えます。それに役立つのが通話やメールを行える携帯電話です。携帯電話が普及した事によって仕事の流れは、大きく変化したと言われています。携帯電話の使い方を工夫する事で、仕事の効率化を果たせるので当然です。その動きを受けてパソコン用のビジネスに便利なソフトウェアは充実していきました。携帯電話用のソフトウェアの充実が遅れたのは、ハードの性能が低かったから高機能なソフトウェアを導入する事は難しかったのです。その問題点が解消されたのはスマートフォンが登場したおかげだと言われています。スマートフォンはパソコンと同じ様な感覚で利用出来る携帯電話です。従来型の携帯電話と違って、ソフトウェアをインストールして利用します。だからスマートフォンを会社から支給して、便利なビジネスソフトをインストールするようになったのです。その中でも特に利便性を認めらているビジネスソフトは、スケジュール管理の機能に特化したタイプだと言われています。対象者のスケジュールをリアルタイムに確認したり、依頼したい仕事を予定欄に書き込む事も可能です。それによって連絡を何度も繰り返す必要がなくなりました。スマートフォンのスケジュール管理ソフトは、効率性の向上に効果があると認められているのです。

競馬場で過ごすときにスマートフォンがかなり役立つ

 競馬を趣味にしている人にとって、スマートフォンの普及はとても大きな影響を与えました。なぜなら、競馬場へ訪れたときに席をわざわざ移動しなくても投票ができるようになったからです。普通の携帯電話でも投票はできていましたが、スマートフォンならばそれがさらに便利にできるようになりました。それは、競馬に必要ないろいろな情報を参考にしながら投票できるからです。

 携帯電話ですとその情報処理がそこまで早くないですし、大量のデータを参照をするのは難しかったです。そうすると、ちょっと気になることや知りたいことを調べるのに、とても時間がかかってしまいました。しかし、スマートフォンがあればそれらの情報を参照するのにあまり時間をかけなくても大丈夫です。高速データ通信が可能ですので、とてもスピーディーに予想をすることができます。

 また、競馬場でマークシートを記入して投票所まで毎レース行かなくても良いというのは、とても大きなメリットです。席を他の人に取られないよう気を使わなくて良いですし、短い間隔で席と投票所を行ったり来たりしなくても大丈夫だからです。それなら競馬場でレースをじっくりと観戦することができますので、とてもゆったりと過ごせます。

 ゆったりと過ごせればそれだけ1レースにかける予想の時間を増やせますので、納得のいく予想をすることができます。スマートフォンは情報を入手する端末としてとても優れていますので、その優れている点を競馬の予想に活かすことができます。

 在宅で馬券の投票をするのではなく競馬場には行きたい、でも投票の手間はなるべく少なくしたいという人にとって、スマートフォンはとても役立つツールです。スマートフォンがあればレース間で暇ができたときにスマホゲームをプレイして時間を潰すこともできますし、競馬場で過ごすときにあるととても便利です。ですので、競馬場で過ごすのにスマートフォンはかなり有効的なアイテムと言えるのです。

スマートフォンはけっこう便利なものです

スマートフォンはアップルが作った真に斬新な発明であったと思われます。それまでの携帯電話ですと、画面をタッチして動かすなどと言うような発想は全くなかったでしょう。もちろん、それまでの携帯電話でも、ないころと比べたら革命的な変化をもたらしたことはたしかです。カップルが待ち合わせをするときなど、全くと言っていいくらいすれ違ったりしなくなったものです。
しかし、スマートフォンは、携帯電話の第二世代として画期的であったことだけはたしかでしょう。とはいえ、日本におけるスマートフォンというのはちょっと高すぎるというのはいえているでしょう。私もこのような理由から従来型の携帯電話(いわゆるガラケー)を持ち続けています。
このような「日本批判」のようなものには経済産業省がいち早く反論するようで(逆に日本が根拠なくいいものとして扱われているときなどは一切反論しないのですが)、日本だけがとりたててスマホ料金が高くなっているというわけではないというようなことを発表していました。それによりますと、たしかにもっと安い国はあるものの、もっと高い国もたくさんあり、その中間くらいに収まっているということはたしかでしょう。
しかし、だからと言って安いかといえば、そんなことはありません。連絡が取れればいいというように割り切るのであれば、ガラケーで十分なのではないでしょうか。それに、ガラケーからスマホへの「進化」をそんなに買いかぶってもいけないと思います。携帯電話の登場は革命でしたが、スマホはちょっとした進化に過ぎないでしょう。他国でガラケー(このような言葉はおそらくは日本でしか通用しないのではないかと思われますが)が無くなってしまったのは、おそらくは、ガラケーとスマホの料金の差がそれほどないので、どうせならばスマホにしておこうというだけの考えから出ているのではないかと思われます。私もお金があればスマホを持ちたいと考えています。

1 2 3
PAGE TOP ↑