スマホゲームをお金をかけずに楽しむ方法とは

今、テレビのCMではスマホゲームのコンテンツで溢れています。
パズドラ、白猫プロジェクト、ゲームオブウォー、タイトルを列挙し始めたらキリがありません。
しかし、これまでにスマホゲーを利用したことのない人にとっては、非常に気になる事柄があるはずです。
たとえば最近流行りの格安スマホ等々で高速回線の使用容量が少ない人、またはゲームのプレイ料金、といったところでしょう。
高速回線の使用容量の少ない人は、快適にスマホゲーを楽しむことはできません。
しかしだからといってスマホゲーの為にわざわざ使用容量を増やす気持ちにはならないはずです。
そうして財布と相談して残念しているのかもしれませんが、実は今現在の月額料金のまま快適にスマホゲーを楽しむ方法があります。
それはwifi環境下で楽しむことです。
というのも、世の中の至る所にwifi環境は溢れています。
飲食店や駅やその他多くのところで設置されています。
もちろん無料で接続することができます。
が、それも都会の人の話だ、と思う人は少なくありません。
たしかに地方ではまだまだ設置数が少ない状況です。
そこで、最後の手段として、家のネット回線をwifi環境にしてしまえば問題ありません。
有線ではなく無線LANにするだけでスマホゲーを楽しむことができます。
無線LANの設置は家電量販店等々で販売していますので、是非購入してみてください。
次にゲームのプレイ料金ですが、基本的にプレイ料金は無料です。
ゲームを利用する際にクレジットカードの番号を求められることがありますが、あくまで求められるだけで、その時点で金銭の要求はありません。
ただし遊んでいくうえで、通称ガチャ(くじ引きのようなシステムで、一回引くたびにお金が必要です)なるシステムにてアイテムを手に入れることができます。
決してガチャをする必要はありませんが、端的に言えば強くなるアイテムやカードを手に入れることができます。とはいえ無料で遊ぶこともでき、利用の際は個々人の金銭感覚に委ねられることになります。
これまでスマホゲーをお金の面で楽しむことを躊躇していた人は、是非一度楽しんでみてはどうでしょう。

スマホは使いすぎるとすぐバッテリー切れを起こす

今では誰もが持ってるスマートフォン、まるでパソコンのように使えるのがいいですよね。
ちょっとした調べものから、動画を見たり配信したり、LINEで友人達とリアルタイムな会話を楽しめたりと今までの携帯よりとても使い勝手がよくなったな~って思います。

また色んなスマホアプリがあるんですよね。
家計簿が簡単につけれてしまうアプリとか画像をいじったり、カメラで撮影したり動画を撮影したり、それを加工するアプリとかもあったりします。
スケジュール管理とかもスマホでできてしまうので、これさえあれば他の電子機器はいらないんじゃって感じてしまいます。
もちろんパソコンほど高度なことはできませんし、フリック入力ではキーボードほど早く文字は打てないので、専門的なことや、ヘビーな使い方をする場合はスマホだとキツイですが、そういうのを考慮してもスマホは便利だなって思います。
そんなスマホにも弱点があります。
それはバッテリー切れです。
とにかくスマホはバッテリーをくいます。
画面表示だってバックライトをつけて画面を明るくするためには電池がかかります。
スマホが下手にパソコンに近い性能があってインターネット通信ができる分、ウィルスとかも怖いですよね。
このためウィルス対策ソフトを入れる必要があるんですが、これが常駐して常にスマホを管理しているので、何もしなくてもウィルスソフトでバッテリーを食われてしまいます。
ならなしで!としたいところですが、スマホは個人情報が色々のってますし、キャリアスマホだとスマホ決済(コンビニ等での買い物の支払いをスマホで料金支払いができる)とかもあるので、スマホをのっとられてしまうと、使われ放題なんてこともありえるので、ウィルス対策ソフトははずせないんですよね。
スマホというとスマホゲームとかあります。
これもかなりバッテリーを消耗してしまいます。
2,3時間も起動すればフル充電だったスマホも空に近い状態になってしまいます。
スマホによってバッテリーの容量がすごい!なんてのもありますが、よほど特別なスマホじゃないかぎり、バッテリー切れは避けられない問題です。
充電用バッテリーや交換用のものを持ち歩くか、充電ケーブルを携帯するといった対策をしないと、せっかく便利なスマホも使えないなんてことになってしまうので、気をつけてください。

私とゲームは二十年以上の腐れ縁

今でこそ、ゲームは男の子も女の子も遊べるおもちゃとなりましたが、私が小さい頃はゲームは男の子の遊びでした。でも私はゲーム好きな兄とともに育ったため、当時としては珍しいゲーム女子でして、キノコを食べて大きくなるヒゲのおじさんがドット絵だった頃からの、ファミコン時代からのお付き合いです。誕生日プレゼントにもゲームを買ってもらうほどでした。私は対戦ものがあまり好きではなく、兄と協力して進めるものが好きでしたね。私の家にあったのは赤と白の、いわゆる「ファミコン」と聞いてパッとイメージするものとは違い、ディスクシステムでも遊べる機能がついたツインファミコンというものでした。おそらくみんなと違うファミコン本体を持っていることは少し優越感でしたけど、当時はゲームの話をできる友達がいませんでした。
その後、スーパーファミコンくらいまでは“兄と一緒に遊ぶもの”で、一家に一台でしたが、プレイステーションが登場して以降は自分のお小遣いで買って自分の部屋に置きました。プレイステーション2に至っては受験の年でしたが我慢できずに買ってしまいました。我が家では父もたまにですがゲームをしますが、昔父が遠方へ単身赴任していた時、夏休みに家に遊びに行ったらPCエンジンが置いてあり、F1のレースゲームがありました。滞在していた約1週間の間に兄と遊んだだけなのですが、路上のオイルなどの障害物にはプレイヤーだけがひっかかるという、今でも覚えているほどよくわからないゲームでした。
大人になるにつれてゲームする時間はだんだんと減り、今では新しいハードが出てもすぐ飛びつくと言うことはなくなりましたし、ほかに趣味などできて興味も昔ほどはなくなりました。たまにふと「やりたいな」と思う時があるくらいになりました。でも最近は映像が進化しすぎて、映画を見てるのかゲームしてるのかわからないようなクオリティになってきているので、10年後20年後どうなっているのか興味はあります。

好きなゲームのジャンルについて。

コンピューターゲームをする目的は、私自身は二つあります。まず一つは、友達や家族と一緒にもりあがることです。そのために、私がやるゲームといえばレースや、スポーツに関するゲームです。その中で好きなタイトルは、まず一つはマリオカートシリーズです。

これは、みんなでわいわいするゲームとしては、定番のタイトルではないでしょうか。マリオカートの一番好きなところは、操作とルールが非常にシンプルなことです。そのため、初心者も交えてレースをしても、十分に楽しいし面白いです。ほかにも、このシリーズはただレースをするだけではなく、甲羅や爆弾やバナナの皮などのアイテムも多くあるので、それも魅力の一つです。

そして、他にみんなでワイワイしたいときにやるのが、パワプロクンシリーズです。これも説明不要の人気タイトルですよね。マリオカートと同じく、みんなで対戦ができるので、私は子供時代からこのシリーズが好きです。そんなわけで、このようにゲームはみんなで楽しい時間が過ごせるのが魅力です。

それから、もう一つのゲームをする目的といえば、一人で黙々とすることです。私が一人でゲームをするときに好きなのは、FPSのタイトルを選んで行うことが多いです。その中でも好きだったのが、コールオブデューティシリーズです。これも定番のタイトルで、世界的にも人気があります。

その中で、一番好きだったのが2です。これは、第二次世界大戦の連合国側の一兵士として、ドイツ軍と戦うというゲームです。特に、実際の戦場さながらの緊張感を味わえることから、私はかなりやりこんだゲームです。また、マルチプレイも行えるため海外のプレイヤーとの対戦も、熱中できるポイントです。

これらのように、一人で黙々とプレイをしたいときは。FPSでドンパチするのが一番です。これにより、日ごろのストレスも発散できるし、やりこみ要素もたっぷりなので本当に楽しい時間が過ごせるのがメリットですね。

毎日の楽しみDQMSL

ファミコンから始まり、スーパーファミコン、プレイステーション、Wiiにニンテンドー3DSと、現在でも日本のゲーム業界は発展を続けている。
ゲーム文化のスタートでもある、ファミコンの時代から大人気のドラゴンクエスト。
あれから20年以上たった今でも大好きなゲームの一つに挙げる人が多いソフトではないだろうか。
そのドラゴンクエストに登場するモンスターにスポットライトが当てられたのが、スマートフォンのアプリDQMSL=ドラゴンクエストモンスターズスーパーライトだ。
ドラゴンクエストは登場するモンスターも魅力的で、スライムやドラキーなどはゲームをやったことがない人でも見たり聞いたりしたことがあるのではないだろうか。
ドラゴンクエストは冒険の旅に出た勇者が仲間達と成長をしながら育ててモンスターを倒すというストーリーだが、DQMSLはモンスターが主役となったストーリーだ。
ドラゴンクエストの昔ながらのモンスターはもちろん、最近のモンスターやオリジナルキャラも豊富で、往年のドラゴンクエストのファンも満足できる内容になっている。
ドラゴンクエストの魅力のひとつでもあるBGMも、当時のまま忠実に再現されているしスマートフォンアプリと言えどクオリティはとても高い。
毎日ゲームにログインすると色々なアイテムを受け取ることができるので、朝起きるとゲームを立ち上げるのが日課になってしまっている。
RPGゲームにつきもののレベル上げ作業も、スマートフォンアプリという手軽さからどこでも空いた時間にサッと遊ぶことが出来るので、ファミコン時代よりそれほど苦にも感じない。
基本的にはモンスターのレベルをあげてとくぎを覚えさせクエストを攻略していくという内容だが、最近はみんなで冒険というネットを通じて全国のDQMSLユーザーと協力してプレイするシステムもできた。
様々なイベントも定期的に開催されているので、飽きることなく遊ぶことが出来ている。
いつでもどこでも手軽にゲームができるスマホアプリに感謝をしたい。

ドラゴンボールZ ドッカンバトルでゴクウになれるかも。

ドラゴンボールZ ドッカンバトルであの世界に体験できるようになれますね。ドラゴンボールZ ドッカンバトルでお気に入りのキャラクターで必殺技を連発して最強を目指すこともできます。またこの世界で自分が強敵に負けそうなときに逆転的な必殺技を出して今まであったドラゴンボールの強敵に勝つことが出来るようになりますね。もちろん必殺技はたくさんありかめはめ波や変身してスーパーサイヤ人になることも可能です、でもやはり話通りに体験していきたいですね、漫画やアニメの通りにストーリーが進みここぞというときに必殺技を出して敵を打倒していく物語は面白いものです。強敵のフリーザーなど何度も負けて勝てそうにないときに逆転する話などはのめり込む要素盛りだくさんですね。自分が使いたいキャラクターを強くしていくのが一番いいのですがほとんどの人はやはりドラゴンボールと言えばあの孫悟空を使うのではないかと思います、多彩な技とスピードがあり扱いやすいキャラクターですね、でも初期は強くないので強く育てないといけませんが思いれがあるのでどんどん強くしていきますね、ドラゴンボールはいろいろなキャラクターがありますので好きなキャラクターを選びたいものですね、またベジータなども人気がありますね、何と言ってもゴクウに続く強さがあり使いやすいですしこの強いものです。でも弱くお気に入りのキャラクターを少しずつ強くしていくのが一番面白いですね、まるでコツコツと成長させていくものは愛情ですね、どれだか使いこなしていくのが気になるところですが使いこなしていくキャラクターが成長していくのはうれしい限りです。またアイテムもたくさんあり笑えるものから本当に強くできるアイテムまでありアイテム集めも面白いです。ドラゴンボールZ ドッカンバトルでどんどんこの世界に入っていき自分のキャラクターを強くしていきますね、時間を忘れてプレイしすぎて指がいたくならないようにしないとですね。

PAGE TOP ↑